雫石高級時計工房 タイトル

 

雫石高級時計工房は、高級メカニカルウオッチを、ヒゲゼンマイや歯車などの部品製造から完成品の組立まで一貫して行っています。
高級メカニカルウオッチの一貫生産を行えるのは、日本国内では唯一ここだけ。
工房内の作業机とサイドキャビネットは、岩手県の伝統的家具「岩谷堂箪笥」による特注品、椅子は人間工学に基づいて設計された「アーロンチェア」を使用し、時計技能士が一つひとつ手作業により時計を作り上げています。

 

 

見学コース:2Fアルコーブ

雫石高級時計工房LOGO
揮毫:玉澤岑砦先生(岩手大学)

2Fアルコーブから見た組立工房内  

 

   
現代の名工に選ばれた桜田守(写真左)、照井清(写真右)をはじめ、19名の時計技能士が在籍し、
一つひとつ手作業により時計を作り上げています。

 

模様付け   サブ組み立て
模様付け   サブ組み立て

 

工房の概要

構成 :一次加工、サブ組立、ムーブ・完成品組立、調整・検査、 梱包・出荷の各ゾーンから構成。

時計技能士が組立作業をする机・キャビネットには、岩手の伝統家具「岩谷堂箪笥」 (経済産業省認定の伝統的工芸品)による特注品を採用。