高級メカニカルウオッチ タイトル

機械式高級腕時計を部品から完成品まで、手作業によって組み立て加工できる唯一の熟練工房です。

道具の先にまで感覚が伝わるような息を凝らした組立作業。テンプが組まれ、命が宿ったように動き始めるムーブメント。

1960年、当時として世界最高水準の精度を持ったメカニカルウオッチ:グランドセイコーの誕生以来、わたしたちは、いつの時代も変わらぬ最高の品質と精度を実現する精密組立技術とものづくりの情熱を大切に受け継いできました。

また、CAE/CAD/CAMシステムを使った最新の設計技術や超細密加工技術を導入するなど、熟練技能と先端技術の融合に努め、身に着けていただくお客様の心も満たせる製品づくりを追求しています。

わたしたちは、世界最強のウオッチ製造企業の誇りとパイオニア精神を持って、熟練技能と先端技術の融合、そして恵まれた環境との調和をはかりながら、世界の人々に愛され親しまれる製品づくりを目指していきたいと考えています。

 

takumi_01   根気強く、人の手で精度を追い込んで行く。
腕時計造りの頂点を目指す盛岡セイコー工業の”こだわり”です。 メカニカルムーブメントの組み立て大部分は熟練した技術者の手によって行われます。

 

グランドセイコー (ハイビート 36000)   クレドール (スケルトン)
グランドセイコー メカニカル ハイビート 36000   クレドール (スケルトン)

 

takumi_04   takumi_05
メカニカルムーブメント   グランドセイコーの精度の証、
GS規格歩度証明書