Company Infomation企業情報

沿 革

本格的なウオッチ製造は、1913年のローレルの発売後、1937年第二精工舎(現セイコーインスツル)がウオッチ専門の製造会社として設立されたところまで遡ります。東京・亀戸に本社を構え、日本のウオッチ黎明期を牽引してきました。1967年には、時計の精度を競うスイスのニューシャテル天文台コンクールに挑戦。上位入賞を果たし、技術力を世界へと示しました。そして1970年、盛岡セイコー工業はウオッチ製造の一大拠点として岩手県雫石に開設。1980年以降は、クオーツウオッチ製造も本格化します。2020年にウオッチ事業の移管・統合により、セイコーウオッチ(株)の子会社に。そして同年には世界で高まる高級機械式時計のニーズに応えるべく、「グランドセイコースタジオ 雫石」を開設しました。

セイコーの歴史1880〜

1881

服部金太郎が服部時計店を創業

服部金太郎が服部時計店を創業

1892

精工舎設立、掛時計の製造を開始

精工舎設立、掛時計の製造を開始

1910〜

1913

国産初の腕時計「ローレル」を発売

国産初の腕時計「ローレル」を発売

1937

服部時計店の腕時計製造会社として、(株)第二精工舎(現セイコーインスツル(株))を設立

1939

東京・亀戸に第二精工舎の本社工場が竣工

東京・亀戸に第二精工舎の本社工場が竣工

1967

時計の精度を競うスイスのニューシャテル天文台コンクールで上位入賞

時計の精度を競うスイスのニューシャテル天文台コンクールで上位入賞

盛岡セイコー工業の歴史1970~

1970

第二精工舎(現セイコーインスツル(株))の生産拠点として、ウオッチ生産規模拡大に伴い、岩手県雫石町に盛岡セイコー工業株式会社設立

1971

現住所に工場が竣工
ウオッチ用部品製造部門操業開始

盛岡セイコー工業 工場が竣工盛岡セイコー工業 工場が竣工

1972

メカニカルウオッチの生産を開始

1974

専属部品工場として、二戸時計工業株式会社を設立

1980~

1980

クオーツウオッチの生産を開始

盛岡セイコー工業初のアナログクオーツ盛岡セイコー工業初のアナログクオーツ

1986

年間生産数1,000万個を達成

1987

株式会社みちのくサービス設立

1989

組立新棟増築
FA (Factory Automation)工場としてスタート

1990~

1992

メッキ処理棟増築

1993

有限会社遠野精器に資本参加(1996年に子会社化)

1994

セイコー電子工業(株)(現セイコーインスツル(株))のウオッチ新製品立上げ機能が盛岡セイコー工業に移管

1998

1998年に復活した機械式のグランドセイコー(9S5系)1998年に復活した機械式のグランドセイコー(9S5系)

1999

セイコーインスツルメンツ(株)(現セイコーインスツル(株))の国内ウオッチ製造を盛岡セイコー工業に集約

2000~

2000

セイコーインスツル(株)のプラスチック部品製造機能が盛岡セイコー工業に移管

2004

盛岡セイコー工業内に雫石高級時計工房を設置

2006

有限会社遠野精器を遠野精器株式会社に商号変更
「いわて機械時計士技能評価」制度を設立

2020

セイコーインスツル(株)のウオッチ事業を移管・統合し、セイコーウオッチ(株)の子会社に

グランドセイコー誕生60年盛岡セイコー創立50年節目の年にグランドセイコースタジオ雫石を設立

グランドセイコースタジオ 雫石グランドセイコースタジオ 雫石

Back to top